2012年04月21日

HALESTORM(ヘイルストーム)というメタルバンドがカッコイイ。

HALESTORM - Pub1 - Chris Phelps  Alex R. Kirzhner.jpg

HALESTORM(ヘイルストーム)というメタルバンドがカッコイイのです。


特にドラム(左端)のアージェイさんとヴォーカルのリジーさんの姉弟のカッコよさといったらない!

トミー・リーと、ギターを持ったオンナ版セバスチャンバックがいる感じ、

っていったら解りやすいか。





もちろん曲も良い!↑これを聴いて熱い何かを感じなければ、既にメタラー失格(笑)。


tumblr_m1x64oKFiz1qblp8lo6_250.gif
リジーさん、ほんとに歌がうま過ぎ。
posted by やす at 20:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

レア過ぎる FLATBACKER の映像

最近 YouTubeにアップされた、レア過ぎる1984年の FLATBACKER の映像!


それにしてもデビュー前にして「この出来上がり具合」は凄い!

歌も演奏も曲も何もかも凄いんだもの。






「皆殺し」


本間さんのドラムって、こんなにいいグルーヴ感が出まくってるとは気づかなかった。

まあ中学生の耳だからしょうがないな。







「DEATH WISH」

この曲のギター、どこをとっても名リフばかり!


ふと思い出したけど、

昔アンセムの柴田さんがインタビューで「DEATH WISH のリフが凄い」って何度か言ってたんだけど、

今改めて聴くと、アンセムのBOUND TO BREAKのメインリフとそっくりなとこがあるわ。


果たして、このマニアックな話に付いて来られる人はいるだろか。まあいいか。





それにしても、札幌ペニーレインが懐かしや。

当時自分もこんなノリ方してライブ観てたもんじゃ。


曲演奏されてる間は、

リズムに合わせてずーっと拳を振ってなきゃいけない厳しいルールがあったよな。部活のような(笑)



山田雅樹さんのMCってこんなんだったんだな。いいひとだ。
posted by やす at 21:32| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

メタリカ結成30周年



遅ればせながら、昨年のメタリカ結成30周年ライブの映像でも。



メガデスのデイヴ・ムステインが参加してプレイした1stアルバムの曲のカッコイイこと!



突っ走りまくるラーズのドラムもこの時代の曲ならば逆にイイ感じ(笑)。





というわけでメタリカ30周年を勝手に記念して、


レシピブログ連載、「ヤスナリオのロッキン・オン・ゴハン」更新しました。



今回のお題は、



ピクチャ 1.png


ホタルイカ。



メタラー(ヘヴィメタル好きな人の総称)も、


そうでない人も、とりあえずロッキン・オン・ゴハンへGO!



posted by やす at 19:24| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月06日

今月号のBURRN!の表紙がなんかヘンだよ。

写真 25.jpg

なんかヘンだ。


カイ・ハンセンさんの「不自然過ぎるカ◯ラは」仕方ないとしてしても、











写真 24.jpg

マイケル・キスクさんの「学ラン」は絶対ヘンだ!

説明しろっ!



そんなBURRN!4月号は絶賛発売中!



posted by やす at 12:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

どうやら僕が好きな音楽は「メロハー」と呼ぶらしい


メタル界の三大「メロほにゃらら」は、




メロデス(メロディック・デスメタル)




メロスピ(メロディック・スピードメタル)




そして、わたくしの一番好きな、



メロハー(メロディック・ハードロック)です。





といっても、昔から「メロハー」なんて呼び方はしてなかったな。


80年代から90年代にかけての北欧メタルとかアメリカンハードロックとか、


そのへんのポップでキャッチーなハードロックを最近は「メロハー」って呼ぶみたいだ。






この「メロハー」、


なぜだか特に冬になると聴きたくなるんだよな。


キーボードの音色のキラキラした感じが冬っぽいんだなきっと。







で、最近イチオシのメロハーバンドはこの、WORK OF ART


ちょっと珍しいスペインのメロハーバンド。


「普通のおじさん」なルックスとは裏腹に歌唱もメロディもアレンジも超メジャー級。




これからの時代、

こういう音楽っておじさんが聴いたり演奏したりするもんになるんだろなー。


って、もうそうなってるな(笑)。






posted by やす at 21:38| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

アメリカン”メタル”アイドル「James Durbin(ジェイムズ・ダービン)」





米のオーディション番組、

「アメリカン・アイドル」のシーズン10に現れたメタル界の救世主











6283488124_ef9d3897e2_b.jpg

「James Durbin(ジェイムズ・ダービン)」











オーディション本戦1回戦目でいきなりの JUDAS PRIEST。












ザック・ワイルドを従えての6回戦目。サミーヘイガーの"Heavy Matal"って曲でスクリーム。




















準々決勝では、Journeyの"Don't Stop Believin'"で素晴らしい歌唱。しかし、残念ながら惜しくもここで敗退。



このときの敗者コメントで、


「僕はメタルに光をあてたかったんだ」



と、涙ながらに熱く語ったジェイムズ。全米のメタラーが泣いたね、きっと(笑)。














で、決勝戦の余興では、JUDAS PREISTと夢の共演。


アメリカのゴールデンタイムのお茶の間にヘヴィメタルをお届け!


ハゲのおじいさんのスクリームに戸惑う聴衆(笑)。





ちなみに優勝したのは、17歳の高校生なのにカントリーを歌う、”アメリカの福山雅治”こと













日本のレーベル製作のプロモムービーもなかなかアツい!

今月号のBURRN!に、ジェイムズ・ダービンのインタビューがカラーでバッチリ載ってて嬉し!



ミックマーズやHARDCORE SUPERSTARも参加しているデビューアルバムは日本盤は2012/1/11発売!



来日公演も夢じゃないね、きっと。








ピクチャ 1.jpg

そんなジェイムズ・ダービンの最新スタジオライブはコチラ

posted by やす at 12:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

また川崎でANTHEMのライブを観ちゃった。




今回は観に行かないつもりだった、ANTHEMのライブ。



でもなんだかウズウズしてきちゃって、

気づいたらJR京浜東北線に乗ってて、気づいたら川崎であった。





やっぱ観に行って良かった!


「あんなおじさん達が長髪振り乱してロックして頑張ってるんだから、

俺もいろいろがんばんなきゃなー」




って、昔アンセムを観ていた時には、こんなこと思わなかったよな(笑)。



となりで観てたおじさんのエアギターが素晴らしくて、俺もエアドラムで対抗した。


アンセム 2011/11/26クラブチッタ川崎 

セットリスト


DESTROY THE BOREDOM
IMMORTAL BIND
EMPTY EYES
ETERNAL WARRIOR
THE SIGN
HUNTING TIME
CONTAGIOUS
Dr Solo
OVERLOAD
Gtr Solo
CODE OF THE SILENCE
CRYIN HEART
GO!
NIGHT AFTER NIGHT
RUNNING BLOOD
WARNING ACTION

BLACK EMPIRE
BOUND TO BREAK

LIVING PROOF
ONSLAUGHT

ROAD TO NOWHERE(キャッツ イン 靴下)
WILD ANTHEM


posted by やす at 11:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

ステキなメタルバンド・その1




南米チリ(たぶん)のメタルバンド、「CHRONOS(クロノス)」がステキ。







ステキポイント


・南米のサッカー選手な見た目がステキ。


・歌詞が全部空耳アワーでステキ。


・変形しすぎなギターがステキ。


・全員手抜き一切無しのアテぶりパフォーマンスがステキ。








どうせバンドをやるなら、これくらいやりきらないとねー!





posted by やす at 10:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月24日

久々のANTHEM@クラブチッタ川崎

353576019.jpg



3年ぶりにANTHEMのライブを観た!



素晴らしいニューアルバムからの曲をガンガンやってくれたので、すごく楽しめたな。



平均年齢50歳くらいであろうアンセムのメンバーたちが、

あんなに激しい曲をあんなにガッチリ演奏して歌ってほんとスゲーと感心ししてしまうのです。



そして、坂本と柴田の髪の毛のフサフサっぷりにも、感動すらおぼえてしまうのです。






恒例(?)の客電が付いてアナウンスが流れてからのアンコールも、今回はなんと2回も(笑)。



すごい体力&サービス精神。



ありがとうアンセム!





ANTHEM@クラブチッタ川崎 2011/7/23

セットリスト


The sign
Contagious
Go
Blind alley
Demon's ride
Road to nowhere
Wayfaring man
Code of silence
Black empire
In the dead of night
Betrayer
Venom strike
Bound to break
Grieve of heart

E1
Living proof
Running blood
E2
Onslaught
Wild anthem
E3
Soul motor
E4
Awake












あまりに観に行き過ぎてちょっと自分の中でマンネリ化しちゃってたANTHEMのライブ。

今回久々に観たら、グッときたなー。腐ったメタル魂を蹴り上げられた感じ。

何回も泣いてしまったぜ。




やっぱアレだね、ライブって一人で観にくと、入り込み具合がハンパじゃなくなるね。

気づいたら、エアーギター、エアーベース、エアードラム、エアー長髪とかやっちゃってたもんな。





posted by やす at 12:59| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

ここんとこずっと「ANTHEM」の新作を聴いてます

VICP-64961.jpeg

約3年?ぶりの ANTHEM(アンセム)の新譜が出た。





もうね、ここ数作で確立された「アンセム節」がたっぷりでね、安心して聴ける。





嬉しいのは、今作はメロディが充実していること。特に1曲目のBメロあたりなんて新鮮でいいね。

歌謡曲ちっくといえばそうなんだけどね。




坂本英三が無理無くクリーンに突き抜けるように歌ってるのがいい。

あと、清水のギターソロがめちゃくちゃかっこいいと思う。テクニックと構築美はもはや世界レベル。



それと、アルバム全体の音像がとても好きな感じ。

ギターも迫力あるし、バスドラムがガツガツ聞こえるし。
















A015667.jpeg


うん、やっぱりアンセムはいいねー。






やっぱ生業としてメタルをやっているのだから、アンセムファンが喜ぶもの素直に提供してくれるのが一番だよな。
posted by やす at 21:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | メタル話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。