2012年04月09日

ヘルプ

the_help01.jpg

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜

60年代のアメリカが舞台のヒューマンドラマ。

泣いた、何回か。いい映画すぎて。


人種差別を扱った重めのテーマなんだけど、ユーモアも交え、

ファッションとか料理なんかも魅力的な、見応えある作品だったなー。


単なるハッピーエンドで終わらないとこも余韻があって好き!


posted by やす at 20:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

ドライヴ

Ryan-Gosling-Drive.jpg

ドライヴ

またまた今年一番の満足度!

久々にヒリヒリする緊張感を味わえる映画を観たって感じ。
「ノーカントリー」を観た時にもこんな感じだったな。

カーチェイスがすんごいんだけども、ハリウッド映画的じゃない感じ。

こういうのクライムサスペンスっていうのかな?
とにかくクールでクレイジーで最高だったー。


「ブルーバレンタイン」「ラースとその彼女」でも素晴らしかった、
主演のライアン・ゴズリング、ほんとにかっこいいっす。






posted by やす at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

マリリン 7日間の恋

New-Looks-At-Michelle-Williams-Emma-Watson-Kenneth-Branagh-In-‘My-Week-With-Marilyn’.jpg


マリリン 7日間の恋


いい映画だった!


マリリン・モンローって単なるセクシー&グラマーなスターだと思ってたんだけど、

当時の映画界の中では、もの凄く魅力ある女優さんとして扱われてたんだね。

知らんカッター。


この映画、結構胸キュン(死語)系ラブストーリーな面もあるので、

観た後なんかイイ感じします。
posted by やす at 11:14| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

おとなのけんか

1_large.jpg

おとなのけんか


舞台の映画化した作品なんで、場面はマンションの1室のみ、しかも出演は4人だけ。

完全にお芝居を観てる感覚で楽しめた!

ひとんちの喧嘩を覗き見するのって楽しいんだな(笑)。


今のところ、今年のベスト!(ってまだあんまり本数みてないけど)




これ、「日本版で舞台化しないのかなぁ」って思ってたら、すでに去年上演されてたのね!


「大人はかく戦えリ」


くっそー!観たかった!再演熱望だ!
posted by やす at 00:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

341035view001.jpg

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い



良い映画だった!

後半に泣きツボが不意にやってきて思わず号泣。



もしこれから観る人が居れば、前半親子の会話で字幕に追われて大変かもだけど、

理解出来てなくてもあんまり気に留めなくて大丈夫ですから(笑)。

posted by やす at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

しあわせのパン

340698view001.jpg


しあわせのパン


大泉さん、原田知世さん扮する夫婦が営む、北海道の田舎の(洞爺湖あたり)パン屋カフェでのお話。




大泉さん的なドタバタは封印されてたな。


流行の「ほっこり感」を映画にしちゃいました的な作りだった。


あまりにほっこりし過ぎてウトウトしてしまったことは内緒にしとこ(苦笑)。





340698view004.jpg

それにしても原田知世さん、ステキであった。

なんであんなに若々しいのだろう?

posted by やす at 20:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

今度は愛妻家

tiz_0342_large.jpg


今度は愛妻家



あー、面白かった。そしてじんわり泣いた。
(ネタバレ厳禁なんで詳しくは書かないでおこ)



もっと泣かせる系の映画だと勝手に思い込んでたので嬉しい誤算。


トヨエツさんのコミカルな演技が、なんか舞台の演技っぽい感じでちょうどいい感じだった。





コレ見た旦那たちみーんな、「奥さん大事にしよっと」って思うに違いない(笑)。
posted by やす at 22:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

永遠の僕たち

339726view004.jpg


永遠の僕たち


故ブラッド・レンフロが大いに泣かせてくれた「マイフレンドフィォーエバー」の純愛バージョン的な映画。


加瀬亮さんが演じる、旧日本兵の幽霊が出てくるとこが面白くていい。


評判ほどは泣けたり感動しなかったけど、映像も音楽も俳優もキレイで好きな感じだったな。


posted by やす at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

ステキな金縛り

011.jpeg



ステキな金縛り





やっぱ、三谷さん映画はハズレがないねー。満足度100%!




前作「マジックアワー」のような、ドッカンドッカンくる笑いよりも、

今回はニヤニヤクスクスする感じが多いね。



今まで三谷さんモノが好きだった人には間違いなくオススメできるね。




今回みてつくづく思ったのは、

シリアスなものより、コメディのほうが俳優さんの実力の差が出やすいなって。

なーんて知ったような口をきいてみた。



posted by やす at 21:23| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

探偵はBARにいる

N0030872_l.jpg


探偵はBARにいる




普段ならあんま観ないタイプの映画だけど、


われらが大泉さんが地元札幌で撮った主演映画ってことで初日に観賞!




これは完全に「ルパン」をイメージしてるよね。




「いい映画!』って感じじゃなく、「おもしろいテレビシリーズの劇場版」な面白さ。


随分と過激な暴力シーンがあってちょっと辟易したけど、2時間越えでも飽きずに観れた。




個人的にはもうちょいいつもの大泉さんらしい笑いが欲しかったなー。
posted by やす at 10:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。